自己破産しても携帯電話は使用できます

借金が返済できなくて、自己破産を検討する人なら多分、携帯電話の料金も滞納している可能性が高くあります。
この借金の免責の中に、携帯電話の滞納分を入れることは可能です。
自己破産すると、全ての債務が無効になるので当然携帯電話の滞納分もなくなります。
これは、一見ラッキーと思いがちですが、自己破産をしたあとは当然ですがローンを使用することはできません。
そして、肝心なことが携帯電話の新規契約ができないことです。
滞納していることは、各携帯ショップに信用情報としていっています。
他からも、契約ができないという事態になります。
そして、使用中の携帯電話も滞納を自己破産したことで利用は停止になります。
ただ、この申請前から携帯料金をキチンと支払いをしているときは大丈夫です。
この場合は、自己破産後もそのまま使用をすることができます。
ただし、機種変更をする場合は分割ができずに一括払いのみになります。
現代は、携帯電話がないと仕事もできない状態です。
生活の一部となっているのでこれが使用できなくなるのは大変です。
そのために、契約ができない人にはプリペイド式の携帯や家族名義で使用することになります。
自己破産とときには、借金だけで頭がいっぱいになり後からわかることもたくさん出てきます。
そのために、携帯の滞納分は慎重に考えることです。
メリットだけではない、デメリットも数多くあるのが自己破産の特徴です。
借金をなくしてもらうリスクは当然でてきます。