自己破産の条件は、申立人に破産原因があること

債務超過の状況に陥ってしまった場合、当然のことながらすでに本人の返済能力をオーバーしているため、すでにある借金を返済していくことは困難です。しかしながら、どのような理由があろうと借りたお金は返済しなければなりません。そのため、万が一、借金を返済し続けることができなくなったときに何も手を打たないままでいると、借金の返済の督促を受けることになりますし、利息はどんどんと膨らんでいきます。このような借金の返済を続けることが困難な状況になった場合の対応策としてはいくつかの手段があります。
自己破産は借金の返済が困難になってしまったときの対応策のひとつです。自己破産はあくまでも借金に関する問題の解決策として最終的に利用する手段ですが、自己破産を申立て、それが無事に認められれば借金はすべて帳消しにすることができます。そのため、すべての借金がなくなり、心機一転新しい生活を始めることができますが、必ずしも自己破産の申立が認められるわけではありません。申立が求められるには特定の条件があるのです。
自己破産の申立が認められるには条件を満たしている必要があります。その第一として本当に返済ができない状況にあるということです。まだ、借金を返済していくだけの余裕があるにもかかわらず、自己破産の申立をすることはできないのです。
また、条件の第二としては、借金をした理由が浪費目的ではないことです。賭け事などの目的としてお金を借りている場合、そのお金は浪費目的として借りたことになるので、このような性質の借金では自己破産が認められることはありません。