自己破産に時効があるの?

自己破産は、破産をする代わりに裁判所から免責決定を受けて、借金を完全にゼロに出来るという債務整理の方法です。借金の返済をどうしても行う事が出来なくなった人にとっては、非常に魅力的な内容です。しかし、一方でデメリットも大きい方法でもあり、内容を良く把握しておく必要があります。
救済システムはその他、個人再生や任意整理があり、デメリット面も様々です。

 

自己破産を行うとローン審査で重要なポイントとなる信用情報機関に記録されてしまいます。記録されている事は、ブラックリストに載っているという事であり、信用情報機関に加盟している業者からの新規借入は出来ません。信用情報機関は複数ありますが、情報は基本的には共有されているので、加盟していない業者であっても審査に通る見込みはありません。事実上、ブラックリストに載っている期間中はお金を借りる事は出来なくなるという事になります。

ただし、ブラックリストに永久に載ってしまうというわけではなく、時間が経過する事により記録は削除されます。つまり、時効を迎えるという事です。自己破産の信用情報機関での時効は、最長で10年とされています。10年が経過すると時効を迎えるので、再びカードローンを利用できる状況になるという事です。

信用情報機関では、信用情報を確認するための情報開示というシステムが用意されています。窓口からの受け付けだけではなく、郵送やインターネットからも行っています。自己破産を行ってから一定の年数が経過して、個人情報を確認したいのであれば、情報開示を利用するのが有効です。