自己破産できないの?~ギャンブルで作った借金~

ギャンブルによる借り入れを繰り返していた人は、基本的に自己破産をすることはできません。自己破産の手続きは、債権者に負担を強いることでもあるため条件が厳しくなっており、パチンコや競馬などのギャンブルで高額のお金を使っていた人、名義を偽って借り入れをしていた人、返済できないのが分かっていて借金を繰り返した人などの悪質な利用者は、破産ができても借金の支払いを免除する免責の決定を出さないことになっています。
では、ギャンブルをした人はどうすれば良いかというと、比較的誰でも利用できる個人民事再生という手続きを選ぶのも一つの方法です。自己破産申立ては借金の全額を免除する手続きですが、個人再生の場合には、住宅ローンは通常通りの返済を行い、それ以外の借金は一部を免除してもらうというのが大まかな流れになっています。分割弁済ですので毎月の負担はこれまでの返済よりも楽になりますし、100万円、もしくは借り入れ総額の5分の一の多いほうを支払えばそれ以外の借金は免除されますので、借入額によってはかなりのメリットがあります。こちらは借り入れの理由などは特に問われませんので、借金を返していけるだけの毎月の安定した収入がある人ならば、誰でも利用できます。借入額が少ない人の場合には、任意整理で業者に分割で返済していく方法を選ぶと、専門家に支払う報酬が安くなりますし、比較的短時間で手続きを進めることができますので、検討しましょう。